工業系学部だけど営業職

ホーム / 新卒採用

スタッフインタビュー

西場 隆介

ニシバ リュウスケ

営業

2015年04月入社

学生時代はどんなことに一生懸命取り組んでいました?

ゼミとアルバイトです。 ゼミ(自然エネルギーを活用する研究)の一環で学内にある風車の施設を一般の方に案内する活動があり、進んで参加しました。また、植林のボランティア活動には学生の時から参加しており、現在でも年1回は必ず参加するようにしてます。ボランティアの活動する、というよりも、出会いが広がることが楽しくて参加していました。 アルバイトでは人間関係がすごく良くて、とにかく笑顔と声を出すことを誰にも負けないくらい意識してました。バイトリーダーを任された時には、叱ることが苦手でしたが、お客様にまた来たいと思われるお店にするためにも、スタッフがお客様に迷惑をかけるミスをした時には、改善点を伝えて指導することをすごく意識して行っておりました。 その中で「失敗はどんどんするべき。失敗をした人のほうが覚えるのが格段に速い」ということを学びました。この学びがミヤケンの社風にマッチしており、社会人になってすごく役に立っています。

なぜミヤケンに?塗装業界・中小企業に就職を決めた理由

私は工業系の大学だったため、就活が始まったときは、大手の製造系や工場などの作業員を募集している企業しか見ておりませんでした。 合説でいろいろな企業の話を聞きましたが、その時は「これは!」と思える企業に巡り合わず、なんとなく話しを聞いているといった感じでした。私の印象ですが、大手企業の場合は安定感がある代わりに縛りが多く、自分には向いてない気がしました。そんな中、ある製造系の企業のブースで話しを聞いていた時、隣のブースからひときわ大きな声&笑い声が聞こえ、なんの企業なんだろうと耳を傾けておりました。そのときに隣のブースで話していた、森下部長と目が合い(笑)気づいた時には、ミヤケンブースの一番前の席で話を聞いておりました(笑) 自分が営業職に就くとは、全然考えていなかったのですが、心のどこかに、作業員として働くよりも人と話す、人と関わる仕事のほうが好きだし自分に合っているんじゃないかと思っていたんだと思います。合同説明会でミヤケンに出会ってから、もうここしかないと決めておりました。なので、ほかの企業はまったく見ておらず、内定の電話が来たときは友達と大騒ぎで喜んだのが、今思い出しても良い思い出です。 ミヤケンに入社するまで、身近にに塗装をしたことがある人がいなかったてため、塗装業界に対してはイメージが全くなかったですが、不安の気持ちはなく、どんな仕事が待っているんだろうとわくわくの気持ちしかなかったです。 というのも、高校進学の時に、私がいた中学からその高校に進学する人は私しかいなかったんですが、一人で新しい環境に飛び込むことが好きだったため、自分で入学を決めました。結果、今でも仲の良い友人に出会えましたし、その経験もあったので、塗装業界に就職することは全く気になりませんでした。

入社してみて思った、入社前と入社後のギャップは?

入社前から、ミヤケンの社内行事である誕生日会などに参加させていただいていたため、思っていたのと違う!ということはありませんでした。 しいて言うならば、目標設定が大変だったことです。ミヤケンは、ノルマ(会社が定める目標)がない分、自分で自分の目標を設定しなければなりません。上司と相談しながら半年後、1年後の目標、それを達成するための手立てを考えていくのですが、丸一日以上考えて考えて決めるんですが、それが思っていたよりも大変だったことです。あいまいな目標だと、達成したのかしてないのかもわかりませんし、低すぎる目標だと、仕事がつまらなくなってしまいます。 毎年高い目標を定めるんですが、目標達成の瞬間は鳥肌が立つくらいうれしいです。やはり会社から強制的に指示されるよりも、自分で建てた目標に向かって走っていくほうが、気持ちが何倍も強くなります。

入社してから振り返ってみて、自分ここが変わった、成長したところ

年が離れている人を、一緒に働くことで、社会を知ることができましたし、マナーや言葉遣い、お客様や先輩方との話し方など、社会人の基本を学ぶことができました。 逆にマナーや言葉遣いができていないと、社会人スタートでかなり出遅れてしまうと思いますので、学生のうちにアルバイトは必ず経験してくべきだと思います。 また、バイトリーダーを経験したことで、後輩との関わり方を学べていたので、社会人2年目の時も、率先して後輩と関わることができました。伝え方や指導の仕方はどんな仕事でも共通しているので、基本を学べてよかったと思います。

ずばり、一社会人としてこれからの目標、夢は??

近い未来では、店長になることが目標です。 地元が太田なので、太田店の店長になり、より多くの地元の方々にミヤケンを知ってもらいたいです。 また、部下から一番に声がかかる(仕事も、プライベートなことも)そんな上司になりたいです。今、指導していただいている上司の方がすごく親身にかかわってくださり、私の成長のためにたくさん時間を割いてくださるかたなのですが、まずはその上司のような人になることが目標です。それから、自分らしさを確立し、頼られる上司になりたいです。 苦手分野は、 ・報連相 ・メモをとる ・スピード対応 ・仕事を後回しにしてしまう ところです。特に報連相が、良くない報告の時に「怒られるんじゃないか」と恐怖が先走ってしまい、感情のコントロールができていないなと思います。 得意分野は ・お客様に寄り添えること ・ご年配の方と仲良くなるのが得意 ・ふとした一言で相手を喜ばせることができる 得意分野に関しましては、自分が理想とする営業スタイルが「お客様、部下、上司から一番の相談窓口になっている」ことなので、それに目指して行動していることがほとんどです。 あとは、その人にやってあげたら喜ぶんじゃないか、ということに気づくと、実際にやってしまうので、それに対しては社内の方から褒められることがあります。 社会人になってから、気づきをたくさん持てるようになったので、これからもその気づきを大切にしていきたいと思います。

趣味

スノーボード

特技

真面目な仕事が取り柄です