一人親方から、ミヤケン工事部 《職長》 へ

ホーム / 中途採用

スタッフインタビュー

渡辺 由一

ワタナベ ヨシカズ

工事

2011年01月入社

なぜ塗装職人の道へ? 転職のきっかけ

安定して、塗装職人を続るために。 もともと地元のみどり市で、一人親方として主に家の塗装の仕事をしていました。「町のペンキ屋さん」みたいな感じで。ただ、地元だけで主に活動してたので、仕事が段々減ってきてしまったのがあって。桐生市のハローワークに行き、ミヤケンの求人を見たのが応募のきっかけでした。社会保険に加入できるのも、自分の中では大きかったです。 もともと塗装職人としての経験があったので、前向きに検討してもらっているのはわかりました。 社長の面接のときに「今までの経験があるので、うちのやり方を覚えてもらえば、大丈夫でしょう」と言われたので、「わかりました、がんばります」ということで、採用が決まりました。 社長の初対面の印象は、「今伸びてる会社の社長っつうのは、こんなのか~」って感じでした。なんか、ちょっとやり手っていうのかな、そんな感じの印象でしたね(笑)

ミヤケンの社風、工事部の雰囲気は?

組織としての規律やルールがあり、緊張感がありますね。 今まで一人親方でやってきて、それから組織の中で職人を務めるとなると、いろいろ勝手が違います。当たり前ですが、それでもやっぱり最初は戸惑いました。 1人親方の頃と比べると、規律が厳しかったり、決まりが多いと感じたり。それでも3カ月で何とか慣れて、今に至ります。職人の拘束時間が長いのも、一人でやっていたの時との違いです。入社したての時に比べると良くなりましたが、もっと工夫する必要はあるかなと思います。 あとは、入社した時より若手が増えたので、前より空気がピリピリしていない感じがします。仕事は仕事で、それ以外の時間は、会社の行事で定期的に飲み会とか誕生日会とかあるので、楽しく参加させてもらってます。会社が積極的にそういう場を設けてくれるのも、珍しい方かなと、ありがたいと思っています。

仕事のやりがい、大変だったことは?

やることやって、結果がついてくる。「やる・やらない」も自分次第。 良くも悪くも「責任」です。この一言に尽きます。 職長なので、担当したお家の責任は全て請け負います。自分の中で心がけているのは、現場でお客様に言われる前に先回りして行動することです。 例えば、施工予定に入っていないけど、少し塗装するだけで見違えるようにきれいになるところもあります。そこを、お客様からの要望がある前に塗装します。ちょっとしたことでも、お客様から、そういうところで、すごく感謝してもらったり、「良かった」って言ってもらえるので、現場に応じてその都度、考えて行動するようにしてます。 実は、昔ガソリンスタンドで働いていたこともあったので、その時にお客様と接したことが役に立っているのかな、とも思います。また、工事部内で、組織の中での社員として役割もあるので、その点でも責任はあります。うちは、会社がまだ発展途上っていうのもあって、自分一人がやったらやっただけ、会社に反映される度合いが大きな会社に比べて大きいのかなと。 だから、もちろん、「やること」をやらなかったら会社が伸びていかないので。自分だけじゃないけれど、組織の中で働くっていうのは、そういう側面もあります。

これからの目標は?

「生涯勉強」 その姿をみて、若い子たちもついて来てくれると思うから。 目標は「生涯勉強」です。 まだ取得していない資格を取りたいです。「塗装技能士」、「有機溶剤」など、いろいろありますが。経験年数が長いからって、もうそれで良い、なんてことはないですね。資格があると、出来ることの幅も広がるので。 自分が率先してそういう行動をするっていうのも大事かな。工事部で最年長の一人だから、「年寄りが動いてんだから、お前らも動けよ」っていう感じで、若い子たちも、「自分たちもがんばらなきゃ」ってなると思うし。

これから、正社員として塗装職人を続けたい方へメッセージ

とりあえず、迷っている人も一度うちへきてやってみて、それから考えてみたら、ということでしょうかね。「やりながら考える」というのも良いと思うし。あまり大きな声では言えないけれど、やってみてだめなら、他の道を模索するのもありだと思います。 もちろん、「向き・不向き」は誰でもあるし、ただやってみないと何も始まらないからと思います。何に対しても言えることですが。 自分は入社して3ヶ月くらいで現場に初めて職長として入らせてもらって、半年くらいからやっていけるかなと思い始めました。今は、会社に骨を埋めるつもりでやっていくつもりです。

趣味

渓流釣り

特技

刷毛、ローラーの使い方